先輩社員の紹介 施工指導

 飯田 翔生 東京機械センター施工部 2013年入社

入社のきっかけ

機械に携わる仕事を中心に就職活動をしていく中でこの会社に出会い、大きな機械に携われることに魅力を感じ、入社を決めました。
クレーン等の建設機械を提供することと自分が結びつくまでに少し時間がかかりましたが、 建設業界のものづくりには大変魅力を感じ、自分もその一員になりたいと志望しました。


現在の仕事について

社会人5年目を迎えました。みなとみらいの現場での駐在を経験し、現在はタワークレーンの組立解体施工打合せに出席したり、指導員として現場で作業指示を行っています。 また、協力業者の方にお願いしているオペレータ作業の工程を管理しています。特に、組立解体の作業前に行う打合せや現場の下見では、必ずと言っていいほど不安要素が出てきますが、 一つひとつ問題点を除去していき安全作業でいかに計画通りに組立解体を終わらせることができるか、頭の悩ませどころですが、無事完了の瞬間に努力が報われたと感じています。


学生の皆さんへ~

自分の好きなこと、興味のあることを大切にしてほしいです。
私も機械が好きだったからこそエスシー・マシーナリに入り、今も楽しく仕事をしています。 自分がやりたいと思ったら本気で突き進む。その方が、結果的に満足いく仕事に出会えると思います。

 大木 裕矢 東京機械センター施工部 2017年入社

入社のきっかけ

学校の先輩がエスシー・マシーナリに入社していて、その先輩との座談会や人事の方のお話を伺っていく中で、 スケールの大きな仕事に携われることや、清水建設グループという安定感に魅力を感じ、 この会社でならばやりがいのある仕事に携われると思い、入社しました。


現在の仕事について

半年間の研修終了後、タワークレーン・工事用エレベータの組立解体を指導する施工部に配属。 現在は、現場と直結した運用部に異動していますが、施工部で体験した現場作業における緊張感や、ミスの許されない部材手配と準備、資料作成等、 今の業務に大変活かされています。幅広い仕事に携われるのが当社の魅力だと思うので、どんどん色々なことに挑戦していきたいと思います。


学生の皆さんへ~

「この仕事をやりたい!」「この会社に入りたい!」という思いを大切にしてほしいです。その思いがあれば、 本当に働きたいと思える会社に出会えるはずです。 エスシー・マシーナリは社員同士の仲が良く、チームワークを大切にしています。働きやすい環境でスキルアップしたい方にはお勧めです。