先輩社員の紹介 整備

坂本 翼 名古屋機械センター 2015年入社

入社のきっかけ

合同説明会に参加した際、スケールの大きな仕事ができること、学校で学んだ電気の知識が生かせることに魅力を感じ、入社しました。
また、会社見学に行った際、場内で若手社員の話を上司の方がしっかりと聞いてくれていたのが印象に残っています。
この会社なら、自分のキャリアアップが着実に図れると確信した瞬間ですね。


現在の仕事について

汎用機械の整備・管理業務を担当しています。整備の立会い、部品の手配や機械の在庫管理、時には現場に出向き機械の修理対応をしています。
特に、現場での出張修理の際は、故障修理だけでなく、再発防止を考えるようにしています。自分が考えた対応策が採用され、不具合が無くなったときは、大きなやり甲斐を感じました。 また、再発防止を考えることは、機械の構造や動作原理の学習になるので、機械のプロとしての成長を実感しています。


学生の皆さんへ~

自分自身で整備に携わった機械が、現場で活躍している姿を見て、感動してしまいました。こんな体験ができる会社、必ず皆さんにもあるはずです。是非、探し出してくださいね。

戸谷 公輝 四国機械センター 2015年入社

入社のきっかけ

クレーンを取り扱っていることに興味を持ち、工場見学に参加しました。そのスケール感を肌で体験し、迫力のある仕事だと思い、入社しました。


現在の仕事について

四国機械センターで、クレーンの担当として整備や付属品の手配などを行っています。 覚えることも多く、まだまだ先輩に教えてもらってばかりですが、建設現場でどのように使われているかといった実務的なことが分かるようになってきて、今はとてもやりがいを感じています。
特に、自分で整備を進めた機械が現場で無事稼働して活躍している話を聞くと、大変嬉しくなりますね。
まだまだ、覚えることが多いので時間がかかるかもしれませんが、協力会社の方に的確な指示が出せるよう、様々な経験を積んでいきたいと思います。


学生の皆さんへ~

就職活動は、ある意味色々な会社を見て回る絶好のチャンスだと思います。 自分の知らない会社が、実は世界的に活躍するすごい会社だったり、実際に話を聞かなければ分からないこともあります。 せっかくの機会なので、色々な会社を見て回ってください。

吉田 唯斗 千葉機械センター機械課 2015年入社

入社のきっかけ

会社説明会に参加した際、クレーンの整備と管理の仕事に興味を持ち、自分で調べていくうちにこの仕事をやりたいと思い、入社しました。


現在の仕事について

主にクローラクレーンの整備をして知識を身につけています。 その他にも汎用品の積み込みや荷降ろしに参加して汎用品の理解も深めています。 自分が整備したクレーンが現場に出ていくところを見るととても達成感がありやり甲斐を感じます。
つい最近まで半年間、現場からの機械の注文や引き取りの連絡を受け付ける仕事を経験しました。現場の要望に合った機械を上手く手配できた時の喜びは大変大きかったですね。


学生の皆さんへ~

就職活動において、志望する業界を初めから限定せず、広い視点を持っていろいろ見て下さい。 先入観を持って絞っていくのは危険。働く現場を見て、魅力を感じたら最高ですね。

今谷 拓太 千葉機械センター機械課 2016年入社

入社のきっかけ

学生時代に所属していたラグビー部の監督から紹介頂き、冬季インターンシップに参加しました。 その際に訪れたシミズのトンネル現場の規模に圧倒され、自分もこのようなビッグプロジェクトに携わりたいと思い志望しました。


現在の仕事について

現在は、主にクローラクレーンの整備業務に励んでいます。
入社後半年間、汎用機械からクレーン、エレベータなどの大型機械に至るまで、分解~組立まで行い、機械構造や仕組みまでの細部に亘っての研修を受けてきたので、 機械を扱う楽しさと新鮮な感覚を味わうことができました。
ミスをすること、失敗を恐れずトライすることが大事だと学びましたが、同じ間違いを繰り返すことの無いよう、反省を心がけ常に成長を目指して励んでいます。


学生の皆さんへ~

人生において大きな決断となることなので、成り行きに任せず、しっかりと考えて下さい。 自分が何をやりたいのか、そして将来的にどうなっていきたいのか、総合的に考慮して十分な時間をかけるべきでしょう。 焦らず、しかししっかりと自分を見つめ直して進んで行って下さい。必ず、はっきりと見えてくるはずですよ。

中村 俊樹 名古屋機械センター 2016年入社

入社のきっかけ

会社説明会に参加した際、過去に携わったプロジェクトの規模の大きさや、タワークレーン等建設機械を提供する仕事の スケールの大きさに圧倒され、 他にはない魅力を感じたことが、入社のきっかけとなりました。 OBや若手社員の皆さんに直接話を聞き、自分もこの人たちと仕事がしたいと感じたのが、最終的な決め手になったと思います。


現在の仕事について

入社後半年間の集合研修&整備技術研修を終わり、現在は名古屋機械センターに配属され、主に汎用機械等の整備業務に励んでいます。 機械に関する知識の習得、並びに整備に必要な技術を身に着けていくことに、やり甲斐を感じています。
入社した東京機械センター、現在の名古屋機械センター、のいずれも社員同士の繋がりが深いアットホームな雰囲気の職場だと思います。 将来的には、会社の核となって働けるよう早く一人前の技術者に成長したいと思います。


学生の皆さんへ~

就活するうえで一番大事なのは、会社を知ることだと思います。 全てを知ることは到底不可能なことなので、積極的に自分が動いて調べられることはとことん調べて、自分に合う会社を是非見つけて下さい。 機械いじりが好きな方、機械と関わる仕事に興味をお持ちの方は、是非当社の見学説明会出席をお勧めします!

井﨑 智章 東京機械センター 2015年入社

入社のきっかけ

大学では電気工学を勉強していましたが、スケールの大きな仕事がやりたいと思い、タワークレーンのような大型機械を扱うこの会社へ入社しました。


現在の仕事について

工事用エレベーターを中心に、受電設備や分電盤などの電気設備、扇風機、掃除機、水中ポンプなどの汎用機械、測量機に至るまで、 幅広く整備を行っています。最初はエレベータの整備から始まり、様々な機械の整備に携わる度に色々な発見があり、 その都度新しい知識が増えていくのでとても楽しいです。


学生の皆さんへ~

様々な機械に携われる会社なので「機械が好き」という方であれば楽しいと思います。 また、自分自身が整備した機械が実際に現場で使われることの面白さや、現場の役に立っているというやり甲斐はこの仕事だからこそ味わえる醍醐味だと思います。 少しでも興味があれば、ぜひ一度エスシー・マシーナリの門を叩いてください。

髙橋 将太 東京機械センター機械部 2016年入社

入社のきっかけ

エスシー・マシーナリのインターンシップに参加して、仕事のスケールの大きさや働いている人の雰囲気に魅力を感じ、入社を決意しました。


現在の仕事について

小型クレーンの装備を担当しています。配属前の6ヶ月間の研修で基本的なことをしっかり学んだので、思っていた以上に早く仕事に馴染むことが出来ました。 とはいえ、機械整備のノウハウや、専門用語など、まだまだ分からないことばかりで、整備の度に先輩社員や協力会社の方から色々と教えてもらいながら、仕事に取り組んでいます。


学生の皆さんへ~

インターネットなどの情報だけでなく、ぜひ色々な会社に足を運んで実際に会社を見て欲しいですね。 私自身、インターンシップに参加したのがきっかけでエスシー・マシーナリに出会い、入社できて本当に良かったと思っています。 就職活動中の皆さんも、ぜひ色々な会社の雰囲気を肌で感じたうえで、会社を選んでください。

真鍋 史也 東京機械センター機械部 2016年入社

入社のきっかけ

OBがたくさん働いている会社ということを知り説明会に参加したところ、機械のスケールの大きさや会社の雰囲気に惹かれ、入社しました。


現在の仕事について

主にキュービクルと言われる高圧受電設備や分電盤などの各種電気設備、測量機を担当しています。 学校では電気関係の勉強をしていたのですが、実際の仕事では分からないことが多く、その都度、先輩や協力会社の方に聞きながら、毎日業務に励んでいます。


学生の皆さんへ~

就職活動は、会社の情報を調べるだけでも意外と時聞がかかるものです。当然、期間が短くなればなるほど、 しっかりと情報を集める企業は少なくなってしまいます。自分にあった会社を見つける上でも、少しでも早いうちから準備をして、万全の体制で就職活動に臨んで欲しいですね。