先輩社員の紹介 整備

中村 俊樹 名古屋機械センター 2016年入社

入社のきっかけ

会社説明会に参加した際、過去に携わったプロジェクトの規模の大きさや、タワークレーン等建設機械を提供する仕事の スケールの大きさに圧倒され、 他にはない魅力を感じたことが、入社のきっかけとなりました。 OBや若手社員の皆さんに直接話を聞き、自分もこの人たちと仕事がしたいと感じたのが、最終的な決め手になったと思います。


現在の仕事について

入社後半年間の集合研修&整備技術研修を終わり、名古屋機械センターに配属、主に汎用機械等の整備業務に励んでいます。 機械に関する知識の習得、並びに整備に必要な技術を身に着けていくことに、やり甲斐を感じています。
入社した東京機械センター、現在の名古屋機械センター、のいずれも社員同士の繋がりが深いアットホームな雰囲気の職場だと思います。 将来的には、会社の核となって働けるよう早く一人前の技術者に成長したいと思います。


学生の皆さんへ~

就活するうえで一番大事なのは、会社を知ることだと思います。 全てを知ることは到底不可能なことなので、積極的に自分が動いて調べられることはとことん調べて、自分に合う会社を是非見つけて下さい。 機械いじりが好きな方、機械と関わる仕事に興味をお持ちの方は、是非当社の見学説明会出席をお勧めします!

髙橋 将太 東京機械センター機械部 2016年入社

入社のきっかけ

エスシー・マシーナリのインターンシップに参加して、仕事のスケールの大きさや働いている人の雰囲気に魅力を感じ、入社を決意しました。


現在の仕事について

小型クレーンの装備を担当しています。配属前の6ヶ月間の研修で基本的なことをしっかり学んだので、思っていた以上に早く仕事に馴染むことが出来ました。 とはいえ、機械整備のノウハウや、専門用語など、まだまだ分からないことばかりで、整備の度に先輩社員や協力会社の方から色々と教えてもらいながら、仕事に取り組んでいます。


学生の皆さんへ~

インターネットなどの情報だけでなく、ぜひ色々な会社に足を運んで実際に会社を見て欲しいですね。 私自身、インターンシップに参加したのがきっかけでエスシー・マシーナリに出会い、入社できて本当に良かったと思っています。 就職活動中の皆さんも、ぜひ色々な会社の雰囲気を肌で感じたうえで、会社を選んでください。

真鍋 史也 東京機械センター機械部 2016年入社

入社のきっかけ

OBがたくさん働いている会社ということを知り説明会に参加したところ、機械のスケールの大きさや会社の雰囲気に惹かれ、入社しました。


現在の仕事について

主にキュービクルと言われる高圧受電設備や分電盤などの各種電気設備、測量機を担当しています。 学校では電気関係の勉強をしていたのですが、実際の仕事では分からないことが多く、その都度、先輩や協力会社の方に聞きながら、毎日業務に励んでいます。


学生の皆さんへ~

就職活動は、会社の情報を調べるだけでも意外と時聞がかかるものです。当然、期間が短くなればなるほど、 しっかりと情報を集める企業は少なくなってしまいます。自分にあった会社を見つける上でも、少しでも早いうちから準備をして、万全の体制で就職活動に臨んで欲しいですね。

渡辺 一馬 東京機械センター機械部 2016年入社

入社のきっかけ

清水建設の現場へ、タワークレーン等建設機械を提供する仕事のスケールの大きさに圧倒され、他社にはない独特の魅力を感じたことが、入社するきっかけでした。


現在の仕事について

工事用エレベータや汎用機械等の整備管理業務に従事しています。 自分自身で整備した機械が、実際に現場で活躍して、不具合なく頑張っているのを現場で見たとき、何とも言えぬ感慨に浸りました。 逆に、現場で機械が故障して修理に伺った際、的確に原因を追究して不具合を改善でき、現場の方から「ありがとう!お疲れさん」と言われた時には、 自分の中でガッツポーズを作っていました(笑)。


学生の皆さんへ~

社会人になってしまうと、学生時代ほど自由な時間が無くなります。 そうなって後悔しないように、今しかできないことに、どんどんチャレンジしてもらいたいですね。

乘田 頌也 東京機械センター機械部 2017年入社

入社のきっかけ

電気関係の仕事に携わりたくて仕事を探していく中で、エスシー・マシーナリに出会いました。 会社見学に行ったとき、とても会社の雰囲気が良く、研修も充実していて、仕事について一からしっかり学べることにも安心感を感じ、入社を決意しました。


現在の仕事について

機械部にて、ロングスパン工事用エレベータという仮設用の機械や現場で使う扇風機などの汎用品を担当しています。 取り扱う機械が非常に多いので、覚えるこ とが多いのは大変ですが、それぞれの機械の特長や部品の名称など、色々なことを覚えてしっかりスキルアップしていきたいです。


学生の皆さんへ~

自分が知らない仕事や、やってこなかった分野だからといって選択肢を絞らず、まずは一度会社見学に行ってほしいです。 新しいことが知れるのはとても刺激的ですし、もしかしたらやりたいと思える仕事に出会える可能性もあります。就職活動中はしっかり視野を広げて、チャンスをつかんでください。

芳川 諒 東京機械センター機械部 2017年入社

入社のきっかけ

学校で行われた会社説明会でエスシー・マシーナリのことを初めて知り、仕事内容に興味を持ち会社説明会に参加しました。 機械センターにあったタワークレーンを見たとき、こんなスケールの大きな仕事に携わりたいと思い、入社しました。


現在の仕事について

タワークレーンを中心に機械の整備を行っています。学校では電気に関する勉強をしていたので機械については分からないことが多く、その都度確認しながら仕事に取り組んでいます。 先輩の仕事ぶりを見ていると、分厚い取扱説明書の中身をすべてわかっているように仕事を進めているので正直圧倒されてしまいますが、早く自分もそうなりたいです。


学生の皆さんへ~

就職先を選ぶうえで、仕事への興味を持つことはとても大切なことです。何を行うにしても興味がなければ覚えることもできないし、成長も感じられないと思います。 まずは先入観を持たずに、好奇心をもって知らないことを知ろうとする姿勢を、就職活動では大切にしてほしいです。

冨永 貴久 千葉機械センター機械課 2017年入社

入社のきっかけ

学内の説明会で先輩の活躍を知り、担当教授に強く勧められインターンシップに参加しました。 そこで体験したスケールの大きさに圧倒され、入社するしかないと思いました。


現在の仕事について

千葉機械センターでクローラクレーンの整備管理業務を担当しています。 学生時代は電気を学んでいましたが、クローラクレーンはエンジンで動く機械であり、油圧構造が多く搭載されているため、 勉強に次ぐ勉強の毎日ですが、非常にやり甲斐を感じています。まだまだ先輩や上司に確認をしながら仕事をしていますが、 将来的には建設機械のプロを目指したいと思います。


学生の皆さんへ~

就活は長い闘いかもしれませんが、やるべき時にやり通す癖がついていれば、その一瞬の努力で必ず報われる時が来ると思います。 迷わず、その瞬間を掴み取って欲しいと思います。

中村 アリス 名古屋機械センター 2017年入社

入社のきっかけ

先輩が既に当社で活躍していること、そして担当教授の紹介もありインターンシップに参加。 そこで、社員や協力業者の皆さんの生き生きとした顔や雰囲気に大変魅力を感じました。


現在の仕事について

名古屋機械センターで、汎用機械等の整備管理業務を担当しています。 配属前の研修が半年間あり基本的な知識は学びましたが、やはり機械の構造等を深く知らなければ仕事に活かすことができないので、毎日が勉強の連続です。 現時点ではまだまだ自分ができることは限られていますが、それでも自分が担当した機械が現場へ発送されていくと、「故障するな、頑張れ!」とつぶやいてしまいますね(笑)。


学生の皆さんへ~

就活で大事なのは、自分自身を知ることです。自分が何をやりたいのか、長く続けられるものがそこにあるのか、を深く理解することです。 そうすれば就活は終わると思いますよ。