先輩社員の紹介 IT系

間杉 嘉仁 本社生産技術部 2006年入社

入社のきっかけ

建設業界でのIT関係の仕事って何?という感覚で説明会に出席。社内情報システムエンジニアという、職種の響きが、正直新鮮だったこと、 そしてやはり清水建設グループという大企業の一員として、社会に貢献できる社員の一人として、私も微力ながら貢献できるのでは?、と考え志望しました。
若い社員の方が多く、職場の雰囲気が大変良かったのも大きなポイントでした。


現在の仕事について

昨年まではパソコンやスマートデバイスといった情報機器全般の管理・運用を行っていました。
今年からは、ICTを活用した業務への利用検討、簡易なシステム開発、最近ではIOTの活用検討にも進んでおり、常に新しい要望へ応えられるよう、スキルを磨いています。
システム開発では、他部署の方と交流しながら製作を進める仕事ですので、要望や使い勝手を直接聞くことができ、その意味でのものづくりの喜びを感じています。 また、簡単な問い合わせにもしっかりと対応することで「いつも助かるよ、ありがとう!」と感謝されるのが私の喜びです。


学生の皆さんへ~

社内システムエンジニアという職種は、異動が少ない仕事ですので、長く働いていくためには「社風が自分に合っているか?」、 「人間関係はどうか?」というフィーリングの世界が重要だと思います。さまざまな会社を見て、感じて下さい!そのうえで、当社が最高だと思って頂けると最高ですね。

伊藤 優介 本社 IT生産部 2015年入社

入社のきっかけ

一番の決め手は、社員の皆さんが「プライベートを大事にしている」ところでした。 また、社内システムエンジニアという職務のため、締切に追われず計画的に業務が進められる点~ワークライフバランス、が大きかったと思います。


現在の仕事について

最近当社で導入を進めている“ICタグ”を用いた機械管理システムの運用支援、 およびスマートデバイス(iPhone,iPad)の業務用アプリに関する試行、検討を行っています。
その他、ICT、IoTを活用した業務の改善、並びに生産性向上への提案等、ますますやり甲斐の大きな仕事に携われるようになってきました。 特に、現場の皆さんの業務が、効率的に進められるよう、いろいろと取り組んでいきたいと思います。


学生の皆さんへ~

就活において、学校からの紹介というものは非常に有難いですが消極的に流れに任せるのではなく、自分が本当に重視しているポイントが何なのか、 自分の「こだわり」を大事にして欲しいと思います。悔いの無い選択を期待しています。

松浦 優樹 本社 生産技術部 2017年入社

入社のきっかけ

プログラマーを志望して就職活動を進めていくうちに、ずっとデスクで仕事をするより様々なことが学べる環境を探していました。 エスシー・マシーナリであれば、プログラマーとしてのスキルが活かせるだけではなく機械の知識も学べ、活かせることに魅力を感じ、入社しました。


現在の仕事について

ICタグとモバイル端末を活用した建設機械のICT化推進を行っています。私が主に担当しているのは各種モバイル端末のマニュアル作成です。 より効率的な業務を行っていくために、会社としてICT化に力を入れていますので、とてもやりがいを感じています。


学生の皆さんへ~

自分は何に興味があるかという軸をしっかりと持ってほしいです。就職活動中は一生のうちでもたくさんの会社と出会えるチャンスでもあるので、 説明会や会社見学に積極的に参加して色々な会社を見ていくことで、本当に自分がやりたいと思える仕事に出会えるはずです。